タラミジン 第1回【西田憲生】コーヒーロースター
~ここで一人ひとりに合ったコーヒーを探して欲しい~

プロフィール
西田憲生 (にしだ のりお)
1979年生まれ 39歳。 スペシャルティコーヒー専門店経営、コーヒーワークショップを主催。 R and R coffee labo 代表。
地元多良見町で育ち、大学生の時に、中国へ留学…地元企業に就職するも、2013年に脱サラ…同年6月に現在の店舗を開業する。

Q:このお店を始めるきっかけを教えてください。

大学卒業後は地元企業に就職したのですが、元来コーヒー好きで、趣味でエスプレッソマシーンを購入したり、ラテアートを独学で練習したりして楽しんでいました。
この店の場所は、毎日のジョギングコースで「入居者募集」の看板を目にしていて…その頃スペシャルティコーヒーに出会った事もあり、当時シャッター街になってたこの一帯の
活性化の一端を担えないかとの想いから思い立って半年で、このお店を始めました。豆の卸販売がメインになりますが、勿論店内でコーヒーを楽しんでいただいたり、コーヒに合うお菓子の販売もやっています。

Q:コーヒーを提供する時のこだわりとは?

うちの店は「ブレンドコーヒー」ってのを置いてないんですよ。それがあるとお客さんは先ずそれを頼んじゃうでしょ?だから「うちの店の味」ってのは作らない。お客様によって好みが違うのだから、その方の好みを聞いて、お客様のお好きな味になるよう助言させていただく…それがうちの店のこだわりですかね。だから店名がコーヒーラボ…コーヒーの研究所なんです。

Q:コーヒーに詳しくない人でも大丈夫ですか?

コーヒーは焙煎方法によっても、抽出方法によっても、味が全く変わってきますので、豆と抽出方法を選んでいただくのですが、「酸味」「苦味」などの好みを伺いますので、詳しくない方でも心配ないです。当店では産地・農園にこだわった豆を用意し、淹れる器具も数種類揃えています。豆の産地の味の違い、淹れる器具での味の違いを感じ、自分に合った豆と器具を、楽しみながら見つけて欲しいですね。

Q:「R and R」という店名の由来は?

あ~これですね(笑)時々きかれるんですが、これはコーヒーとはあまり関係ないんですよ。二つのRは「ローズ」と「ロースト」なんです。これは単純に「薔薇」と「コーヒーの焙煎」が好きだから…私の名前が由来では?と思われる方もいらっしゃいますが、私の名前にはRは入ってないし、自分の名前を店名にしようと思った事もありません(笑)

Q:この地域に出店してみて、良かった事ってありますか?

この喜々津地域は、「喜々津駅」を中心として成り立っています。日常生活の動線の一環としてお店に立ち寄っていただき、地域の方々にもコーヒーを飲む習慣をつけていただけるような気がします。そう言えば、日本のトップアイドルグループに所属するNちゃんも、コーヒーは飲まなくてもお喋りに立ち寄ってくれたり…暫く見なくなったと思ってたら、TVに出ていました(笑)ここは、そんな風なお付き合い方が出来る街だと思います。

Q:今後の夢をお聴かせください。

地域に根差した事業展開をしていきたいです。
先ずはコーヒーの知名度を上げる…ということ。豆の個性や焙煎方法、抽出方法によって出てくる違いを知って貰い、コーヒーを楽しむ習慣を、この地域の方々に持っていただきたい。コーヒーの知名度が上がれば、自ずと店の知名度も上がってきますしね(笑)
スペシャルティコーヒーとは、美味しいのは勿論の事、コーヒーを生産する側の自然環境の保護・労働環境の保護というように、コーヒーを消費する側だけではなく生産から消費までをクリアなものにしたコーヒーなんです。当店のコーヒーは、世界で流通している量の5%という、その希少な豆を取り扱っています。

一人ひとりに合ったコーヒーを探し、コーヒーを楽しむための研究所…R and R coffee laboで、今後とも、コーヒーの楽しみ方を伝えていきたいです。

目の前で披露されるラテアートに感動! 奥様秘伝のレシピのスコーンも人気!

R and R coffee labo
〒859-0401 長崎県諫早市多良見町化屋757−7
ホームページ:coffeelabo.saloon.jp
TEl:080-6433-3009

 

関連記事

  1. 平成30年 喜々津夏まつりリポート

  2. セブンイレブン多良見体育センター前店オープン!

  3. タラミジン 第2回【岸川明美】創作陶芸家
     ~毎日ごはんを作るように器を作る~

  4. フワフワパンケーキと紫芋のコラボが美味しい! CAFE lx(カフェルクス)

  5. タラミジン 第3回【藤本啓義】サンドブラストアーティスト ~笑顔に逢いたくて、ここに来ました~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。